ヘッドスパとトリートメントの違い

ヘッドスパは頭皮や髪の毛の健康を促進することができる美容院などで受けることができるヘアケア方法の1つです。

美容院でのヘアケアと言うと、トリートメントを思い浮かべますが、トリートメントは髪の毛に不足しがちな油分と水分を補給して髪の毛の傷みを防いで美しさを保つことが目的のものです。
ドライヤーや紫外線などによって髪の毛の水分は抜けやすいので、トリートメントをすることで髪の毛を保護することができます。

ヘッドスパは美容院などによって施術内容が異なりますが、一般的には炭酸水での洗髪やアロマオイルなどを使って行うマッサージ、ヘアクリームなどによる栄養補給を行うものです。


炭酸水で洗髪を行うことで、毛穴の奥にある汚れまで落とすことができ、頭皮の血行を促進することができます。


またアロマオイルを使ってマッサージを行うことで、頭皮の血行を促進することができ髪の毛の新陳代謝を促し、更には顔の肌のたるみの予防を行うこともできます。

ヘアクリームにはハーブなどが使用されていることが多く、頭皮と髪の毛に栄養を補給して髪の毛の傷んだ部分をしなやかに改善することができます。

新宿のヘッドスパの珍しい情報をご紹介しています。

ヘッドスパはアロマとハーブを使用したマッサージが中心で頭皮や髪の毛だけではなく、心身のリラックス効果を得ることもできます。



このようにヘッドスパとトリートメントは似ているようですがその目的に違いがあります。

コトバンクに有効な情報の紹介です。

ヘッドスパはよりよい髪を生やしていくためのものであり、トリートメントは今生えている髪の毛をいたわるためのものと言うことができます。